鮪魂 一将丸かずしょうまる &明尽(滋賀)

竹内酒造 「明尽」 「明尽」を醸す竹内酒造は、滋賀県・石部にあります。 江戸時代東海道五十三次の宿場町の一つ石部宿は、「京立ち石部泊まり」と言われ、必ず旅人が立ち寄る宿として栄えました鈴鹿山麓からの豊富な伏流水、近江盆地特有の冬の寒気が生み出す石部の上質な酒は、やがて行く先々の酒を知る、舌の肥えた旅人の間に「石部の酒は美味い」と評判となりました。「石部の酒」を求める人が多くなり、次第に旅人たちはおいそれとは人には「石部の酒」を語らなくなり、いつしか「語らずの酒」と呼ばれ宿本陣でも重宝されるようになったと言われています。 竹内酒造ではこう言った伝統を重んじながらも、最新技術の探求・導入。革新への挑戦をテーマに、より洗練された美味い酒をただひたすらにひたむきに目指しています。 「明尽」は竹内酒造が目指す「洗練された高品質な酒質」を実現する為立ち上げたブランドです。「酒造りに尽力しその明かりを目指す」という思いから「明尽」と名付けました。 洗練をテーマとしたため、原材料には日本有数の特A地区として知られる「兵庫県吉川町産山田錦」を全量使用。精米歩合と仕込み方法による味わいの違いを明確に表し大吟醸は香りと優雅な旨味を、特別純米酒、辛口酒(本醸造)には香りではなく、山田錦ならではのシャープな切れ味とドライなアフターを表現しました。 鮪魂(まぐろだましい)一将丸(かずしょうまる) オーナー料理人「大将」は、十代の頃から多くの鮪漁船の中でも特上品ばかりを揚げる「日本有数の船」と呼ばれる程の成果を上げる船「一将丸」に乗り込んでいた本物の元鮪漁師です。 長年努めた経験と人と人の繋がりから、新鮮な鮪のみを仕入れています。 一将丸では、生まぐろのみを扱っております。 冷凍・解凍は一切ございません!一度凍らせると弾力や味が落ちることがあります。 元鮪漁師だからこそ、一番美味しい状態で鮪を食べてもらいたい! だから独自の仕入れルートで新鮮な鮪のみをご提供! そのため、品切れの部位があることも。漁師仲間の釣って帰るまぐろを安く美味しく食べてもらう、それが一将丸の鮪魂! 普段は、ご来店頂いた全てのお客様に必ず鮪のお造りをご注文頂いています。 マグロの様々な部位をご賞味頂ける6種盛り【脳天、頬肉、目玉、赤身、中トロ、トロ】をご提供しています。 イベントでは皆様に当店の雰囲気を知って頂く為に、少しばかりの生鮪をお出し致します。本物の鮪を是非ご賞味下さい。 まぐろ料理一将丸&明尽というタッグが実現したあらまし イベントに出ることは一切断って来た一将丸。昨年、今回とNGAに参加したのには理由がある。 それは一将丸オーナー料理人「大将」の思い入れ。 長年まぐろ漁師をつとめ、まぐろを知り尽くし愛す大将が三年前、明尽純米大吟醸五割磨きと出会い「うちのマグロにあう!っていうかおれ・これ・すき!」と感動し取り扱いをはじめたのがそもそものきっかけ。 それから一度も切らすことなく、まぐろと明尽を出し続けている一将丸。気がつけば純米大吟醸は火入れから生酒も取り入れ、さらには贅沢な最高級品四割磨き生も導入。 一方「自分が好きな日本酒はどうやって造られる?」と明尽を醸す竹内酒造にも訪問し「何も知らない」から「どこでどうやって造られる」を吸収すると、ますます明尽ファンとなりバリエーションは増える一方↑ 現在大阪で最も明尽を「気持ちで」推しているまぐろ専門店となっている。 「ほんまもんのまぐろをみんなに食べて欲しい、旨い酒と一緒に呑んで欲しい、そして明尽を知らない人にもっと知って貰いたい!」 そんな「マグロ愛」と「明尽愛」がついに爆発し、偶然NGAと出会い、参加を決意。 日本酒に詳しくない大将だからこそ、純粋に「まぐろと日本酒」の味わいだけにこだわれる。「純米大吟醸無濾過生原酒に本まぐろ」という一見離れ業を体験頂きたい。 また「明尽」の全てを見て頂きたく、今回 明尽 純米大吟醸 四割磨き 無濾過生原酒 28BY 明尽 純米大吟醸 五割磨き 無濾過生原酒 29BY(サービス酒) 明尽 純米大吟醸 五割磨き 火入れ 28BY 明尽 特別純米酒 無濾過生原酒 29BY 明尽 特別純米酒 火入れ 26BY 明尽 山田錦辛口 無濾過生原酒 29BY の六種類をご用意。 生、火入れ、そしてBY違いによる熟成具合。それぞれに違う明尽を是非お試し頂きたい。

住所
都島区東野田町4-5-45ルートワン京橋1F
⇒Googleマップで見る
電話番号
06-6881-7774
開催時間
15:00〜20:30(L.O.)
収容人数
着席30名/立食0名/合計30名
付きだし
生!本マグロユッケ

生!本マグロユッケ

料金
800円
webサイト
https://kazusyomaru.owst.jp/
サービス酒

明尽純米大吟醸50%無濾過生原酒 滋賀

参加蔵元氏名(役職)
梯 英一 (営業)
写真
4
4
6